子どもの「もう一回!」はエンドレス?!

子連れのお出かけをホクホクにする「ここるく」代表の山下です☆

icn_ribbon

先日会ったママ友が「子どもが小さいと、同じ遊びを何回もくり返すことに付き合わされて心が折れそうになる」と話していました。

 

子どもが満点の笑顔で発する「もう一回!」
そして、単調な動作を繰り返すことに限界を感じ始めるママ。

 

これって、誰しも経験あるのではないでしょうか?
このママ友のように「心が折れそうになる…」と言いつつも頑張れるときはいいけど、遂に付き合いきれなくなって「もうおしまい!」と早々と切り上げてしまうとかね。

 

そして、まだ遊びたそうなわが子の顔を見て「私ってダメなママ…」と自己嫌悪に陥ってしまう人も少なくないです。

 

leaves

 

もちろん私も経験あります。
ムスメの「もう一回!」リクエストは、いないいないばぁ的な軽度なものから、ムスメをベンチプレス状態に持ち上げるというガテン系のものまで幅広く、そして毎日なにかしらの形でリクエストされました。(3歳になった今でも、頻度こそ減ったものの時々あります)

 

その時は、もちろん私も「えー、あと何回やるつもり…」と心折れそうになりました。

 

しかし視点をギュインと変えてみれば、これも一種の精神修行。というか、いっそのことメディテーションの機会だと捉えてみようと思ったのです。(本人は至ってまじめ)

 

育児と仕事で忙しくてメディテーションなんてしてる余裕ないから、子どもと遊びながら出来れば最高じゃん(゚∀゚)♪
と、上手く自分のワクワクポイントと結び付けられたところで、実践スタート。

 

ムスメが単調な(大人からすると面白くない)遊びの繰返しを要求してきた際に、邪念を捨てて繰返しに集中するようにして、何回まで繰返すことが出来るかカウントすることにしました
そして、今回は10回だったから、次回は11回以上を目指そうなどとやってみました。

 

その結果…なんとも嬉しい発見が得られました。

 

当初はエンドレスに思えていた「もう一回!」ですが、無心で繰返しに応じ続ける中で、実はエンドレスではないことを発見!しかも、ムスメの場合は大体20回以内、多くても30回程度繰り返したところで、ムスメの方から「おしまい」を切り出すという特徴を確認。

 

そして、「だいたいこの辺で終わり」という見通しが立ってからは、繰り返しを要求されてもかなり気がラクに応じられるようになりました。

 

しかも、私の方は「修行だ!昨日の自分を超えてやる!!」くらいに思って臨んでいるので、ムスメの方がもういいよ…となってもまだまだばっちこーい☆状態で構えられるほど余裕に。(この辺はあくまでも私の個人的感覚ですが^^)

 

皆さんも、子どもの「もう一回!」要求に苦労した際には、参考になるかは分かりませんが、一回くらい試してみてはいかがでしょうか(^^)/

 

 

 

♪子育てする皆さんを応援する『ここるく』Facebookページはこちら♪ (いいね!のご声援もお願いします☆)